使っているものや購入したもの
行った所、日常などなど

スポンサーリンク

禁…黙…

スポンサーリンク

今週のお題「秋の空気」

 

秋の空気といったら「金木犀」ではないだろうか

木曜日でも金曜日でもキンモクセイ(←意味不明)

 

「おや⁈こんな所にも居たの?」とその存在を

香りで知らせくれる憎いやつ(憎くはないが)

 

しかし 香しさゆえに

「さわやかサ◯デ~♪」などを筆頭に

おトイレの芳香剤としても人気を誇る。

 

 

そんな商品を作ったメーカーが知ってか知らずか

 

悲しい運命を辿った物語が一つ

 

 

それはまだ付き合って間もない男女の物語。

 

 

確実に日が沈む速さに気がつく頃、若い男女が通いなれた道を

歩いていた

 

秋太郎は花子と【一緒に帰る】そんな人生初の出来事の中

緊張で自分が自分でない気がしていた・・・

 

その道で芳ばしい甘い香りに

 

 

「いい匂いだね?」  

と花子は秋太郎に問いかけた。

 

言われるまで匂いなど感じる余裕もなかった秋太郎は思った

(俺がぐいぐいトークを引っ張って男らしさをアピールするぜ)

 

『あっ これうちのトイレの芳香剤の匂いと一緒だ…』

 

「えっ?…(今それ言う?)」

 

 

『ウチ、いまこれと同じ匂いのやつ使ってるんだよね~先週なんだけどさぁ

これがまた今までした中で最も屈強なやつをした時でもさー、

あれにアレのピーが○○でピーでさぁ…』

検討違いなことを自信満々に語る秋太郎。何かのスイッチが入ったように

そこには謙虚さや謙遜微塵も感じさせることもなく、

むしろ気高い人であるかのような語り口調が続く・・・

 

しかも それが紛れもない真実。実際に起こったう〇この話だった。

 

 

花子は思った

(やべーっ こいつ完全に陶酔してんじゃん、やべぇ!  黙れっ  黙ってくれぇ~

こんな奴が初恋なんてな事になったら一生背負うレベルの黒歴史 刻んじゃうじゃん私...)

 

 

「あ、秋太郎君!!!もう、私達別れましょうッ!!」

 

 

『え?花子さんなんで?どうしたの急に?てか付き合ってたの??』

 

そう言い終える前に花子は電光石火の如くその場から

いなくなっていた...

取り残された秋太郎の周りにはサ◯デーの香りが ただ漂っていた。。。

 

秋太郎はその日、一枚の張り紙をした……

トイレにサ◯デー禁止

 

 

そんな悲しい出会いと別れのやりとりが・・・

 

あるかもしれない季節...

 

 

それが

 

 

 

 

 

※この話はフィクションです。実際の人物・物とは関係ないので あしからず☆

スポンサーリンク


ぐうたら日記ランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村