使っているものや購入したもの
行った所、日常などなど

スポンサーリンク

心に響かないことを書いてみる

スポンサーリンク

新年も開けて早いもので10日が過ぎました。

 

思い返せば就職で会社勤めをしていた頃は

やたらと研修に行かされまして←

 

 

そこでは様々な講師が様々な教えをレクチャーしておりました。

 

 

そんな中で印象に残った研修もあり

「思考」 日々の考え方や習慣に関する研修もありました。

 

日々の習慣を見直して、そこから得る気づきや考え方が

結果として成果や成功になり、どんな職種だろうがプラスになるという

 

 

経験した中でも異例な研修(笑)

 

ただ机に向かって講師の話を聞くだけでなく、実際に目標を設定して実践するという

もので そこから学んだ目標の立て方をつらつらと書いてみようかと思います。

 

 

 

目標の設定

そこで行ったのが

自分の思考や行動を知り、そこから本当の自分の欲求を知るというものでした。

 

 

 

夢と目標

皆様は新年に【目標】を立てただろうか?

 

区切りの良い1月1日という日付けは何かを始めるにはうってつけというわけですが

 

そして何より目標を達成する為には

”初めが肝心”

 

ということで

勢いだけでなく、精神的なテンションの力も借りて出来るだけ良いポジションに自分を置きたいわけですね

 

 

ところで目標立てる上で大事なのが

目標はあくまでも道しるべであって

あまりにも現実離れしているイメージにならないこと

 

「夢」が将来的に現実して欲しいことだとしたら

「目標」は日々に満たしていくもので確実に進む道しるべ

 

 

なので目標を立てる上では

日々の行動の指針にならなくてはいけないのです

 

 

出来る事

自分に出来ない事を目標にしても長続きしません(てか出来ない)

出来ることで設定します

 

それをすることで何が変わるか。。。

 

それを意識しながら自分の出来る範囲のことで設定します。

 

徹底的に

ですが

やるからにはそれを徹底的にやるのです。

 

出来る事をとことんやる、全力でやる、続けてやる

 

 

これが重要視されてました。

 

 

 

 

数字

 

仮に

  1. 良く笑う
  2. 「ありがとう」を伝える
  3. 奥ゆかしい人を見習う

 

という目標を立てた としましょう。

 

 

目標を立てる上では 具体的な数字を入れた方が良いそうです

 

「良く笑う」の場合だと

「1日1回 笑顔を誰かに見せる」

 

 

てな具合になります。

 

明確化

さらにこれを明確化していきます

基本的には5W1H

  • いつ
  • どこで
  • 誰が
  • 何を
  • どのように

1日1回 笑顔を誰かに見せる 

 

で考えると 

  • 朝一番最初に会った人
  • 職場で
  • 自分
  • 笑顔
  • 挨拶をしながら

 

こんな風にして行くと自分のするべき目標のが

より見えてくる気がしませんか?

 

 

良く笑うのはお笑い番組をみることでも達成出来そうですが

笑顔も見せるとなると相手も必要になり

 

相手がいることで 一人よりも何かが変わることにも

影響がありそうです

 

 

 

日々での実践

研修中ではこれを毎日 徹底的に実践するのです。

 

 

会社で一番最初に会った人に

 

「おはようございます (ニコっ♪)」と笑顔を見せる

 

これは特別難しい事ではありません

目標が1日1回ならばあっけないかもしれません

 

ですがこれを365日徹底してやる

 

それが日々の行動の道しるべであり

「目標」なのです。

 

 

変化

日々の行動の積み重ねは

「良く笑う人だねと言われるようになった」

 

気づくこと

目標にする前の自分は眠そうな顔で適当に挨拶しとったな。。。

 

そんなことを感じたり

笑顔を見せた自分に対し相手は不機嫌そう💦

 

とか相手に対して感じることにも敏感になります

 

そんな事を肌で感じて行くのです

 

 

そんな感じ

この研修は1日では終わりませんでした

数カ月を必要とし、職場でも実践をしそれを

フィードバックするために

 

定期的に集まるという

 

かなりの長期の研修でした。

 

 

他にもあるのですが

それはまた気が向いた時にでも

 

 

新年と言えば 目標 みたいなところがあるので

今回はそんなお話でした(笑)

 

 

では また☆

 

 

 

スポンサーリンク


ぐうたら日記ランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村