使っているものや購入したもの
行った所、日常などなど

スポンサーリンク

「押し買い」を何度も招き入れる母

スポンサーリンク

この度もお越しくださりありがとうございます☆

 

 

今回は 由々しき事態 です

 

まぁタイトルでもわかるかと思いますが

 

その原因は

 

 

押し買い

 

「押し売り」という言葉がありますがその逆バージョンですね

 

 

 

 

 

押し買いの手口

 

 

不用品を買い取りますと言葉巧みに電話にてアポを取ってきます

※アポなしで訪問する業者はそれだけで違法です。

 

 

「履けなくなった靴」「昔のカメラ」「不要になったお皿」

 

とにかく家にありそうで必要なさそうな物を

買い取ります

と訪問を決め込みます。

 

 

高齢者や一人暮らしの女性は注意

相談相手がいない等の理由から特に狙われやすいのが

その理由。強引に押せば何とかなるという業者の思惑もあるかもしれません。

 

 

高価な物が狙い

結局のところ最終的には貴金属、宝石、着物等の高額なものを

安値で買うのが目的です。

 

数万円の価値のものを数千円で奪うように買い取っていくのです。

 

 

 

 

法規制は強化されている

...のですが、被害はなくなりません💦

高齢化が進んでいる世の中というのもあると思いますが(>_<)

 

 

 

そんな中

ウチの母なのですが

 

もう3回目の訪問を許しております←おいおい💦

 

 

 

これは古物商許可証を持っている自分への宣戦布告ですか?

 

 

と言わんばかりの事態です←個人の感想

 

 

 

 

とにかく 今後の対策と対処方

 

①電話の時点で断る

 

はっきりと「売るものはありません」と断ることをマスターしてもらわねば。。。

もしくは固定電話やめよかな。。。

 

 

②1人の時に訪問させない

 

最悪誰かストッパーが居ればなんとかなりますよね

 

 

③名刺や業者の名前

スマホで写真を撮ったり?! 古物許可証を見せてもらって番号を控えたり?!

クーリングオフ出来るように書類として売買記録は残してもらう

 

④最終手段

警察を呼ぶ

 

余程しつこいようなら呼んでもいいですよね?

 

 

一番は訪問させる前に断るのがベストですが

訪問されてからのことも考えといた方が良いかもと思った次第

 

 

 

 

年甲斐もなく?! ←押し買いの対策について考えてしましまたとさ

 

 

 

皆様もお気をつけを~

 

 

では また☆

 

 

スポンサーリンク


ぐうたら日記ランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村